アトリエKCの「お部屋・お店づくりのお悩みコーナー」のブログです。

魅力的なお店のファサード(=お店の顔)をつくる

「愛されるお店づくり」について、商品やヒトといった「ソフト」とそれらをつなぐ間(時間や空間)といった「ハード」のコーディネートの大切さをこちらの記事(2021.05.09)に書きました。そして、空間づくりのポイントについては、こちらの記事(2021.05.12)で書きました。

では、空間づくりのポイントについて具体的手法をシリーズで書いてみたいと思います。まずは「魅力的なお店の顔(ファサード)を作る」についてです。

ファサードとはお店の顔(道や駐車場からアプローチを含めた入口まで)のことです。私達は、初対面の人の第一印象を顔から持ちます。同じように、お店の第一印象もファサードで決まります。人の顔では、笑顔顔色、表情でいろいろなことを伝えることができますし、誰でもブスッとしている人より明るく笑顔あふれる美人に近寄って行きます。同じようにお店の顔(ファサード)は、どんなお店なのか発信し、魅力をを伝え、店内に惹き込む、『発信』・『伝達』・『誘引』するのです。

1.発信する・伝達する
ファサードデザインは、人の顔と同じように、個性や印象を伝えるものなのです。同じ商品を扱う業種業態のお店でも価格帯やグレードで違いますし、繁華街や郊外、路面店と一軒家といった立地によっても違っているのです。若者向けの居酒屋と年配向けの落ち着いた小料理屋では、レストランやカフェとカラオケスナックでも、床屋と美容院でも違います。物販店にしても、宝石屋さんと八百屋さんでは違います。ちょっと極端ですけど(笑)。

2.伝達する
人の顔に目や鼻や口があるように、例えば、飲食店等のファサードには入口扉や看板、メニューボード、ウィンドウ(ショーウィンドーも含む)等があります。敷地に余裕があればテラス席や庭等にテ-ブルと椅子のセットが置いてあるかもしれません。でも置くだけでは物足りなく、そのディスプレイや魅せ方に工夫することが重要です。こだわるお店では扉のデザインだけでなく取手や握り棒といった詳細な部分まで演出しています。つまり、ファサードにあるひとつひとつの要素を上手にデザインコーディネートし「ふさわしいファサードデザイン」にすることでお店のターゲットに的確にコンセプトを伝えることができるのです。

3.誘導する
リアルショップでは、お客様を、店内まで誘導しなければなりません。

お客様が、自宅(または通りがかりの道)⇒お店の前⇒入口扉⇒扉を開ける⇒店内に入る」・・・といった行動をしてもらえなければ絶対に売上につながりません。ファサードデザインの仕掛けの工夫や誘導配慮によって、「入店してもらえるか・通り過ぎてしまうか」は決まるといっても過言ではありません。
例えば、入口が汚れていたり、雨でぬかるんでいたら「店内にはいろうかな?」と思いますか?入店しませんよね。
入口部の床段差(上がっても下がっても)があると売上に2割減少すると言われます。入口部の段差がイケナイわけではありませんが、コンセプトやターゲットに応じて十分な配慮が必要です。

4.照明計画
明るさや暗さには人を行動させる力があります。
一般的に、ヒトの心理として奥が暗いと不安になり、奥が明るいと安心になります。適度の明るさでは楽しくなり、暗さは落ち着き休息します。
注意をひき視線や興味を誘導する照明演出のテクニックとして、明るい奥に人を誘導させる(=サバンナ効果)があります。間接光や連続性する光の遠近感を利用した手法(=ビスタ効果)や、囲った枠で強調する手法(=フレーミング効果)、スポットライトで対象物をフォーカスし際立たせる手法があります。
また、夜間の照明演出にも気をつけたいところです。「今度来たときには、是非、このお店に入って見たいなぁ」と記憶に残らせるよう営業時間外だからと言って全消灯で暗くせず、省エネに配慮しながら建物のライトアップや庭のイルミネーション、ショーウィンドー等を魅力的に演出してください。店名やロゴにも判読できる最低限の明るさがほしいです。

5.愛されるための共通ルール
ファサードは『どんな時でも目立てば良い?』というわけではありません。計画をするにあたって注意が必要ですね。
出店している地域や場所、商店街によっては、景観の統一や色彩、看板のサイズなどに制限がかかる場合もあります。また、基本的に敷地や賃貸借スペース、道路上への越境もNGです。これらのルールを守ることは地域に愛されるための共通ルールです。お客様や地域から愛され、待ち合わせスポットになるような、素敵なお店のファサードづくり出来れば最高です。

お店のファサードデザインには、お店のコンセプト・想い、店格やイメージを発信する・伝えるチカラがあります。
これら、演出効果高い注目を浴びる、マグネット効果(=誘導力)の高いファサードデザインは愛されるお店づくりに鉄板です。
せっかく入口の目前まで誘引しても、ワクワクするような期待感や楽しさが無いと「入ってみたい」と思ってもらえません。
お店のナカとソトを感じられる、わかりやすくて好感の持てるファサード計画を実現してください。

※写真はイメージです

◇◇◇◇◇◇株式会社アトリエKC
もっと美しく、もっと心地よく、もっと使い易く、もっと自分らしく・・・
私達は、インテリア空間の創造をとおし、お客様に「笑顔」と「会話」であふれた幸せな「時間」をデザインするコンシェルジュです。
住まいづくり、お店づくりでお困りの事がございましたら是非 コチラ までお問い合わせください。

Follow me!